バイク,廃車

  • HOME >>
  • 繰り返しバイク査定の相場を調べるのは厄介かもし

繰り返しバイク査定の相場を調べるのは厄介かもし

繰り返しバイク査定の相場を調べるのは厄介かもしれませんが、探す行為をしておいて損はありません。

むしろ、バイクをもっと高く売りたいのであれば、愛バイクの相場を把握していた方が得です。

理由は、相場を把握しておくことで、営業スタッフが掲示した査定額が最適な額なのかどうか確かめられるからです。

ネットで業者にバイクの査定を申し込もうとする際、電話番号など個人情報を打ち込むようになっているところがとても多いのが現状です。ネットで簡単に査定を受けてしまいたいところだけれど、しつこく電話がかかってきたりしないかなどの不安から、査定をネットで申し込むことに気後れを感じる人もいるでしょう。しかし、最近の傾向として、電話番号など個人情報の記載不要でおおまかな買取額を知ることできるサイトも出てきましたし、試しに利用してみるのはいかがでしょうか。バイクを買い取ってもらう際の大体の流れは、最初にネット等で一括査定を申し込みます。

中古バイクの買取業者からこちらの情報を基にした査定額が表示されるので、査定の高い業者や、信頼できそうな業者を選び、バイクを実際に査定してもらいます。査定の額が充分であると思ったら、契約をし、バイクを売ります。
代金はその日にもらえるのではなく、後日振り込まれる場合が普通は多いです。中古バイク査定は市場の人気に大きく左右されるので、人気のあるバイク種であればあるほど高値で売却することができます。

そこへ持ってきて、良い部分を次々に加算していく査定法を導入するところも多く、高く売ることができる見込みが高いです。こうしたことから、下取りよりもバイク査定で売る方が良いことだといえます。

バイク査定と下取りのどちらがいいかと考えたとき、下取りのほうが勝っていると考えておられる方も多いでしょう。確かに下取りなら買おうとするバイクを愛バイクの下取りで購入額から値引きが可能ですし、買取の手続きも購入手続きも一挙に行えるので、手軽です。


しかし、売却価格に絞って考えると、バイク査定の方が高いのです。


新バイクをスズキで買おうとする場合、ディーラーに今のデミオを下取りしてもらうという選択は誰でも考えますよね。ところが、ディーラーに下取りをお願いすると、得にならないことがほとんどでしょう。

ディーラーは新バイクの販売がメインですから、下取り価格が高いと、その分だけ利益が減ってしまいます。バイク買取ではトラブルが発生することも少なくなく、ネット査定と価格が大きく違うというのはもはや普通でしょう。

買取額が出た後に事後的に理由をつけて減額されることも少なくありません。バイクの引き渡しが終わったのにお金が振り込まれない事例もあります。高額査定を売り物にするひどい業者には注意してくださいね。
バイクが必要なくなったときには往々にして買取や下取りを検討すると思います。では、どちらのサービスがより良いでしょうか。
高く売れることを優先するなら、買取の方が良いでしょう。

買取の査定と下取りの査定は別物と言って良く、買取の査定の方が価値を高く見る方法を用いて査定してくれます。
下取りだと気にされない部分も買取の時には価値を認められることもあります。


買取価格をアップするためには、いくつかのバイク買取業者に査定額を提示してのがお得です。バイク買取業者によって人気のバイク種などが異なり、買取金額に違いが出ることもあります。
何社もの業者に査定してもらえば、買取価格の違いがわかるので、より良い交渉ができるはずです。気が弱い方は交渉上手な友人にお願いするのもいいですね。事故を起こしてしまったバイクでも査定は可能ですが、査定の額は低くなるでしょう。



そうはいっても、事故を起こしたバイクということは隠そうとしたところでプロである査定員は事故バイクと分かってしまうので、マイナスの印象を与えてしまいます。



事故によるダメージが大きすぎる場合には、数は少ないですが、事故バイクを専門にしている買取業者の査定を受けると良いかもしれません。


その方がより高い査定金額をつけてくれる場合もあるでしょう。

PAGE TOP

Copyright (C) 2014 バイク廃車で注意するべき5つのポイント All Rights Reserved.